パチスロは、パチンコ店に設置されるスロットマシンのことです。


ギャンブル性が高い、昔の機種の中には100万円も一日で勝つ事も可能だったため、射幸性を抑えるために、2004年に風営法が改正されて、規制を法律で受けて、今では稼働を出来なくなりました。
現在では代わりにギャンブル性が抑えられ、稼働を許されているのは、公安委員会の審査を通った機種だけになりますます。

しかし、パチスロ店の中には非合法で、規制される前の機種を使って営業している違法な所もあり、これを闇スロ等と呼んでいます。

闇スロを理解するには正しい知識が必要です。

闇スロではギャンブル性の高い、法律が規制される前の機種があるだけでなく、換金率が倍以上になっている等、通常のギャンブルよりも高いギャンブル性を求める人を集める仕組みが出来ています。



このような闇スロでは、人目につかず目立たない場所でひっそりと営業しており通常は目につきません。


このようなお店は、法律を犯している為、発見され次第、摘発を受けますが、今では利用出来なくなった、昔の機種で遊べるために、客にはギャンブル中毒になっている人達よりもコアなパチスロファンが多いため、告発され摘発される事が少ないのが現状です。

教えてgooの詳細情報を掲載しています。

闇スロ店の特徴としては、マンションの一室や雑居ビルの一室等で摘発を避けるために、ひっそりと営業しています。鍵が入口にかかっていて、中が入口からは見えなくて、看板も掲げていないため、一目では闇スロとは分からないようになっています。

Copyright (C) 2015 法律で規制されたスロットを使った闇スロの現状 All Rights Reserved.