タイムカードの勤怠管理は効率が悪い

タイムカードで勤怠管理を行う会社は多いですが、この方法は現在では非常に効率の悪いものになっています。


なぜなら紙の媒体を通じてデータを処理をするので手続きが煩雑でまた間違いも起こりやすいです。



印字された時間を正確に処理しないとこの労働時間は給与の額にも影響してきますので精度は当然必要とされますが、ヒューマンエラーは絶えずおこるものなのでタイムカードから正確にデータを抽出して計算根拠にしていくことには無理があります。
ではタイムカードに替わるよりも正確でかつ効率のよい勤怠管理は何かといいますとそれはクラウドシステムを使用したものです。具体的には、各社員のもつスマートフォンによる位置情報を取得することで、その社員の入退社の時間、仕事の対する進捗状況や休暇などの勤怠の基礎データを集積してクラウドシステムの上で運用計算して各総務の勤怠管理のシステムに反映していくものです。


こうしたクラウドシステムは自動的に位置情報を取得して、そのデータからAIを使って行動を推測して反映していきますので人が集計するよりも精度が高いです。

YOMIURI ONLINEが話題になっています。

この精度の高いデータに基づいて給与の計算や人事評価も可能でその一連の流れをオートマ化しておけば時間も手間も省けます。


いままで紙媒体の依存してアナログ的な方法で勤怠管理を行って、そのまま給与計算や人事評価までもアナログ的な方法でおこなっていたことがいかに無駄を多く生んでいたことに気付くようなシステムです。

タイムカードの勤怠管理についての情報はこちらです。

関連リンク

タイムカードによる勤怠管理のメリット

タイムカードで社員の勤怠管理を行うことには、多くのメリットがあります。タイムカードの最大のメリットは、社員の出勤・退勤時間を正確に把握できることです。...

more

時代はタイムカードから勤怠管理システムに移行する

企業には労働者の勤怠を管理する義務があります。この義務を怠っていると、ペナルティがかせられることもあります。...

more
top